血液型相性と嫁姑

 

 

 

血液型相性と嫁姑について

嫁姑問題でストレスを抱えている女性の方は多く、血液型の相性が最悪なのではないかと考えるかもしれません。

 

確かに、一緒に住んでいなくても嫁姑問題が大きくなるケースはありますし、そのストレスで精神的な病気を患うこともあります。

 

女性であれば血液型占いが好きな方が多いはずなので、姑との相性を確認し、「やっぱり悪かった」と改めて感じるはずです。

 

一概には説明できませんが、A型の女性とB型の女性は血液型の相性が最悪だと言われており、自分がA型で姑がB型だった場合は注意が必要となります。

 

A型の女性は清楚で控えめで周りの人間に気配りができるものの、B型の女性は自分の気まぐれで行動しやすく、更に自分の意見や行動に関してA型の女性に押し付けるような形で説明するのです。

 

姑であればある程度は年齢を重ねているでしょうし、嫁よりも長く生きていることになるので生活の知恵などをたくさん持っているのではないでしょうか。

 

しかも、更年期障害といった病気も重なり、自分が絶対的に正しいと思っており、その考えを嫁に押し付けることによって嫁姑問題に発展するのです。

 

ただでさえ、嫁姑問題は酷くなりやすいのにも関わらず、血液型の相性も最悪となれば、家族が崩壊するほどの危機に立たされる可能性も十分にあります。

 

一般的に、姑が嫁に対して嫌がらせをするケースが多く、「口を聞いてくれない」「旦那に何を食べさせているのか確認する」「やたらと子供と一緒に出掛けたがる」など様々です。

 

嫁が愚痴を言って夫が支えになってくれれば多少はストレスが軽減されるものの、その苦しみを理解せずに「我慢しろ」と放置していると、離婚に発展する可能性があります。

 

想像以上に嫁姑問題は大きく、嫁と姑だけではなく、夫もこの問題について深刻に考えなければなりません。

 

もちろん、血液型の相性が悪くても上手くやっている嫁と姑はいらっしゃいますし、神経質になって気にし過ぎない方が良いと説明できます。

 

それでも、血液型が多少なりとも性格に影響を及ぼすという考えもあるので、不安な方は『血液型でわかる嫁姑の相性 お姑さんとの上手なつき合い方』という本を読んでみるべきです。

 

この本を読めば、姑との血液型相性が悪かったとしても、トラブルのない付き合い方を把握することができます。

 

旦那さんからしても、仲良くやって欲しいと考えるのが普通なので、一緒に住んでいる場合は特に正しい接し方を心掛けてください。