血液型相性と食べ物

 

 

 

血液型相性と食べ物について

血液型によって相性の良い食べ物と相性の悪い食べ物があると言われており、これは女性にとっては必見となっております。

 

「科学的根拠はないのでは?」と考える方がいらっしゃいますが、人類の歴史の中で元々はO型だった血液型は、ライフスタイルや食習慣の変化によって増加していったと考えられているのです。

 

そのため、血液型と食べ物には少なからず関係性はありますし、相性の良い食べ物を食べることによって、ダイエット効果を上げられるのではないでしょうか。

 

そこで、血液型別で、どのような食べ物と相性が良いのかこのページでは紹介しているので、女性の方はダイエットの際の参考にしてみてください。


農耕民族が祖先のA型

農耕生活が始まった際に誕生したと考えられているのがA型で、肉類を消化するのが得意ではないという特徴があります。

 

そのため、穀物や野菜といった食べ物を中心とした食生活がこの血液型の人と相性が良く、大豆といった豆類が最適です。

 

大豆にはイソフラボンがたっぷりと含まれており、女性ホルモンのバランスを整える作用があるため、月経前症候群や生理痛といった症状に悩まされている方に適しております。


遊牧民族が祖先のB型

遊牧民族が祖先のB型の方は、消化器系や免疫系が強いと言われているので、どんな食べ物とでも相性が良いという特徴があります。

 

肉類や魚類、野菜類などバランス良く食べればダイエットは確実に成功しますし、中でも乳製品が最適です。

 

ヨーグルトや牛乳といった乳製品を多めに摂取していると、新陳代謝のバランスが良くなり、同時に良質なタンパク質を摂取していれば血糖値の乱降下を予防してくれます。


狩猟民族が祖先のO型

O型の祖先は狩猟によって肉類を多く食べていたため、動物性タンパク質の多い食べ物と相性が良くなっております。

 

胃酸の量が多いため、肉類を消化する酵素も比例して多く、魚類も同時に食べてカルシウムも積極的に取り入れるのが良いかもしれません。

 

A型の人とは逆に、穀物や乳製品は体調を崩しやすく、カロリーが少なくても体重が増える大きな原因となるので注意が必要です。


A型とB型が混合したAB型

A型とB型が混合しているAB型の人は、両方のメリットとデメリットを併せ持っているという特徴があります。

 

つまり、A型とB型に合う食べ物と相性が良いのですが、A型の人が苦手とする肉類は少量であれば摂取可能で、順応性が高い血液型だと言えるのではないでしょうか。

 

中でも、ブドウやベリーといったアルカリ食品が適しており、これらの食べ物はカロリーを消費してくれるので、ダイエットには欠かせないというわけです。