血液型相性と職場

 

 

 

血液型相性と職場について

職場の上司や同僚と血液型の相性が良いかどうか、気になるという方はいらっしゃいます。

 

職場での上司や同僚は自分で選択することができず、たとえ血液型占いで相性が悪かったとしても、上手に付き合っていかなければならないのです。

 

そのため、「血液型の相性を調べても意味がない」と考えるかもしれませんが、相手の性格を考慮することでより良い関係を築くヒントになります。

 

プライベートとは異なり、仕事上での付き合い方はビジネスを進めていく上で欠かせないので、直近の上司や同僚の血液型を調べて、自分がどのような対応をすれば良いのか考えてみるのは良いかもしれません。

 

このページでは、職場の上司や同僚の血液型に応じて、「どのような特徴があるのか?」「どのような攻略を行っていけば良いのか?」といったことを説明しているので、ビジネスマンの方も一度チェックしてみてください。

 

 

A型の上司・・・・几帳面な性格のA型の上司は、何でもルールを持ち出すことが多く、我慢しきれなくなるかもしれませんが、間違ったことを言っているわけではないので従う姿勢を見せることが大事。

 

B型の上司・・・・気が合えば可愛がってもらえますし、最強のパートナーとなり得るものの、関係が破綻すると近親憎悪になる可能性がある。

 

O型の上司・・・・単独での行動を好まず、集団での仕事を重視するタイプなので、職場の上司としては非常に適している。

 

AB型の上司・・・・自分の流儀を通して仕事に臨む姿勢を見せる人が多く、このような職場の上司とは気合で勝負する必要がある。

 

 

A型の同僚・・・・不平や愚痴をこぼすことが多いものの、仕事には実に熱心で、完璧主義なのが玉に瑕。それでも、仕事に対する思いは人一倍強いため、良いパートナーとなれる可能性は十分にある。

 

B型の同僚・・・・B型の人は気分屋が多く、バリバリと頑張って働いている日があると思えば、テンションが異常に下がっている日もあり。周りの人は理解に苦しむことが多く、同僚の場合は扱いが非常に難しい。

 

O型の同僚・・・・新入社員だろうが課長だろうがワンマンプレーが多く、人使いの荒さが大きな特徴。同僚に対して命令することもあり、反発心を感じるケースは多いものの、仕事に対して素直で一途な部分もある。

 

AB型の同僚・・・・仕事をしなければという気持ちが強いのですが、理想が高いので自分の中で限界点を設定し、やる気がなくなる場合がある。