血液型相性と仕事

 

 

 

血液型相性と仕事について

血液型の相性によって仕事が上手くいくかどうか決まるとも考えられており、ビジネスパートナーを見極める選択肢の一つとなっております。

 

もちろん、血液型の相性で全てが決まるわけではありませんし、これは仕事ではなく恋愛も一緒です。

 

特に、女性の場合は血液型占いが好きだったとしても、男性の場合はそこまで気にすることはないかもしれません。

 

しかし、ビジネスパートナーを選ぶ上で参考の一つにはなり得ますし、友人との関係ではなくシビアな仕事の話も同時に行っていかなければならないため、考慮する価値は十分にあります。

 

仕事において、A型同士の相性はかなり良いと言われており、阿吽の呼吸が生まれるため、たとえ意見が食い違ったとしても、折り合い点を見つけながらチームワークへの配慮を行っていける血液型なのです。

 

上司の場合は、仕事において細かい点に着目していかなければならないため、神経質なA型の男性が適しており、ビジネスで成功できる要素の一つだと説明できます。

 

逆に、A型とB型の男性では、どちらも個人の実力を認めていながらもお互いに信用しきれない部分があるため、一緒に仕事をしていく仲であれば、はっきりと意見を伝えなければならないのです。

 

もし、自分がB型で、B型の相手とともに仕事を行っていくのであれば、自分の鏡として相手を見つめていかなければならないと言えるでしょう。

 

同僚や部下のことを厳しい目で見ているのであれば、多少は自戒しなければなりませんし、意志疎通ができるような努力を行えば、より強い信頼関係をお互いに築いていけるというわけです。

 

B型とO型も仕事を一緒に行っていくには、相性が良い血液型だと考えられており、強力なチームワークを組める可能性があるため、理解の深さと相手の力を見守るような姿勢が大事となります。

 

また、AB型とB型の場合はフレンドリーな感じで付き合うと仕事が上手くいきやすいですし、AB型同士であればとことん意見を交し合って信頼関係を深めていくことで、成功する確率を大いに上げられるはずです。

 

以上のように、血液型の相性によって仕事の良し悪しが決まるケースも少なくないですし、上司と部下という関係性であれば、血液型や個人の性格を参考にして、どのようにビジネスを進めていくのが最適なのか考えた方が良いかもしれません。

 

職場では相手を選ぶことはできませんが、陰口を言っていても何の解決にもなりませんし、相手の性格や自分の性格を再認識することで一歩進めるかもしれないので、自分の欠点を把握することも大事です。