血液型相性が最悪な時は?

 

 

 

血液型の相性が最悪の時はどうすれば良いの?

女性であれば血液型占いによって好きな人との相性を確かめることが多く、ロマンチストの女性であれば一度は確かめたことがあるのではないでしょうか。

 

その際に、「もしも好きな人との血液型による相性が最悪だったらどうすれば良いの?」と不安になってしまうはずです。

 

「相性が悪い」「この2人は長く続かない」と聞かされたら不安になってしまうはずですし、好きな気持ちが強ければ強いほど、何とかしたいと考えます。

 

仮に、相性が最悪だったとしても、血液型占いで全ての要素が決定するわけではないので、これからの自分の努力次第ということは間違いないのです。

 

実際に、血液型の相性が最悪のカップルだと言われていても、お互いの気持ちや性格を理解して、より良い関係を維持していることは十分にあり得ます。

 

自分の性格を理解して、相手の性格に合わせられるような努力を行い、同じような努力を相手もしてくれているのであれば、恋人や夫婦として長く付き合っていけるのです。

 

血液型占いによる結果をそのまま信じるのではなく、これからの身の振舞い方の参考にするという意味で、相性をチェックしてみるのは良いかもしれません。

 

相手のことが分からなければ改善のしようがありませんし、どのような付き合い方をしていけば良いのかということは、自分の性格も同時に知っていなければできないのです。

 

一般的に、血液型の相性が最悪だと言われている組み合わせは「AB型の女性×B型の男性」で、AB型の合理主義や放置癖といった性格は、基本的にB型の人間とは合いにくいかもしれません。

 

そして、B型の男性も破天荒な部分があり、目の前で元カノの話をしたり、デリカシーのない発言が続いたりしていれば、AB型の女性はそんな男性に対して直ぐに嫌気が生じてしまうはずです。

 

とは言え、血液型占いで最悪な組み合わせだとしても、お互いに愛し合っていることを何気なく確認していれば、恋を少しでも長続きさせることはできます。

 

この血液型の組み合わせだけではなく、他のカップルでも占いの結果をそのまま信じてしまうのではなく、あくまで参考程度に考えておけば心に傷が残ることはないでしょうし、相手の気持ちを把握できるのでこれからのためになるはずです。

 

逆に言えば、相性が良いと言われている血液型の組み合わせでも、相手の気持ちを考えずに自分勝手な行動ばかりしていたら嫌われてしまうのは目に見えておりますし、相手を思いやる気持ちをいつまでも持たなければならないことは間違いないでしょう。

 

以上のように、血液型によって恋愛に対する考え方は異なり、自分の気持ちを相手に押し通すだけではなく、相手の立場に立って考える努力を行ってみてください。