血液型相性と離婚

 

 

 

血液型相性と離婚について

「血液型占いで離婚しやすい組み合わせはあるの?」と、自分とパートナーとの相性が気になるという方がいらっしゃいます。

 

血液型の相性だけで、結婚や離婚が決まるというわけではありませんが、若い女性であれば多少は気になるはずです。

 

個人の性格や生きてきた環境に左右されるのが普通ですし、血液型占いで相性の悪い組み合わせだったとしても、夫婦円満に暮らしているケースはありますし、逆に相性が良くても離婚へと発展するケースはあります。

 

それでも、血液型の相性で相手の性格をしっかりと把握していれば、自分がどのような対応をすれば良いのかの参考になりますし、より良い関係を築く今後の対策になると言っても過言ではありません。

 

この点を踏まえた上で、日本で離婚の多い血液型の組み合わせは「A型×B型」だと言われており、性格の不一致が大きな原因となっております。

 

特に、A型の女性とB型の男性は相性が悪いと言われており、この二人が結婚した場合は、だんだんとすれ違いが生じて離婚へと発展する確率が高まるというわけです。

 

A型の女性は優しくて気配り上手で、「どうすれば相手のことを傷付けずに済むのだろうか」と、相手の気持ちになって考える思いやりのある人が多くなっております。

 

一方で、B型の男性は自分の感情に率直で、好き嫌いや喜怒哀楽がハッキリとしており、社交辞令が苦手な方が実に多いでしょう。

 

そのため、女性が男性に対して尽くしてあげたのにも関わらず、感謝の「か」の字もないということで不満が溜まり、離婚へと発展しやすいと説明できます。

 

そのため、A型の女性がB型の男性とお付き合いをしたり、結婚したりする場合は、相手のことを考えすぎないことが上手な関係を築いていく上での大きな秘訣です。

 

また、A型同士の夫婦が離婚するケースが多いとも言われており、これはアジア人の血液型はA型が最も多いことが要因で、血液型占いではなく非常に理に適った説明だと言えます。

 

日本人はA型が多いですし、AB型の人間はA型の約4分の1ということで、必然的にAB型同士の夫婦が離婚することも少ないというわけです。

 

以上のように、血液型による相性によって、「上手く付き合っていきやすい」「上手に付き合いづらい」が決まるかもしれないので、離婚にも少なからず影響します。

 

それでも、惚れている2人が結婚をするのにも関わらず、「血液型の相性が悪くて離婚しやすいみたいだから心配」というのは意味が分かりませんし、そんな理由で諦めるのはナンセンスだということを頭に入れておいてください。