血液型相性と妊娠

 

 

 

血液型相性と妊娠について

「血液型の相性で妊娠できやすいかどうか決まることはあるの?」という疑問を抱えている方はいらっしゃいます。

 

確かに、女性であればパートナーとの血液型の相性が気になるはずですし、いつまで経っても妊娠できないのであれば、「相性が悪いのでは?」と考えてしまうはずです。

 

「血液型の相性と妊娠に関係性があるわけがない」と考えている方は少なくありませんが、血液型不適合という考えは存在します。

 

例えば、A型の男性とO型の女性が結婚して子供を作ってA型の子供が生まれたとして、私たち人間は違う血を持っておらず輸血もできないため、O型の女性はA型とB型の血球は持っておりません。

 

しかし、抗A抗体と抗B抗体は体内に存在しており、A型の赤ちゃんに抗A抗体が移行すると溶血が生じて赤ちゃんが育ちにくくなるというのが血液型不適合です。

 

ほとんどの場合でこの血液型不適合が生じてしまうものの、O型の女性とAB型の男性は100%不適合となるため、血液型占いで相性が悪いと言われるケースが多いのではないでしょうか。

 

他の血液型不適合の組み合わせとしては、「妻O型×夫A型」「妻O型×夫B型」「妻A型×夫B型」「妻A型×夫AB型」「妻B型×夫A型」「妻B型×夫AB型」が挙げられます。

 

女性の場合はO型、男性の場合はAB型で血液型不適合が引き起こされやすく、AB型の女性とO型の男性はなりにくいため、そこまで妊娠に悪影響が生じにくいという仕組みです。

 

実際に、ABO式の血液型で100%不適合になる女性O型と男性AB型の組み合わせでは、妊娠率が12.5%と非常に低い数値を表しており、血液型による相性が少なからず存在していることがお分かり頂けるかもしれません。

 

だからと言って、愛する人との結婚や子作りを諦めなければならないというわけではありませんが、事前に統計的に妊娠率の高低を把握しておくのは一つの選択肢というわけです。

 

もし、血液型不適合の事実を知っていたのであれば、闇雲に子作りをして授からないという無駄な時間を費やすのではなく、早めに不妊治療へと踏み切ることができます。

 

もしかしたら、引き起こされている病気が原因で今まで妊娠できなかった可能性もあるので、どちらにしても専門医による診察を早めに受けた方が良いのです。

 

以上のように、血液型の相性によって、妊娠しやすいかどうか決まるのは事実となっており、以前からこの考えは広まっておりました。

 

占いではなく信憑性の高い事実ということで、これから子供を作ろうと考えている夫婦は、多少なりとも考慮してみてください。