血液型相性は何通り?

 

 

 

血液型相性は何通りなの?

「血液型による相性は何通りなの?」という質問をされる方がいらっしゃいます。

 

この答えは非常に簡単で、私たち人間の血液型は「A型」「B型」「O型」「AB型」の4種類に分けられ、特殊なRH−を除けば、男女の血液型を掛け合わせることで16通りになるのです。

 

この血液型と星座を掛け合わせるともっと大きな数となり、少々ややこしくなってしまいますが、血液型占いだけに焦点を当てるのであれば、何通りなのか数えなくても直ぐに把握できます。

 

確率の計算や数学が苦手という方でも、A型の男性と組み合わせられる女性の数は4人で、同じようにB型の男性と組み合わせられる女性の数も4人でという計算をしていくと、16通りだということが分かるはずです。

 

血液型占いの結果だけを信じるのであれば、お付き合いできそうな女性が16人おり、その中で最も相性の良い人を選ぶことによって最終的にゴールインできる確率を上げられるのではないでしょうか。

 

もちろん、人間の思考が血液型のみで決められるわけがないですし、相性の悪い組み合わせでもお互いに努力をすればより良い関係を築くことができます。

 

これは恋愛だけではなく仕事にも同じように言えることで、自己分析によって自分の性格を知り、相手の性格も同時に把握することでビジネスを成功させる大きな秘訣となるのです。

 

異性間の血液型の組み合わせで、最も相性が良いのが「O型男性×B型女性」、その次が「O型男性×A型女性」「A型男性×A型女性」だと考えられております。

 

また、最も相性が悪いのは「A型男性×B型女性」で、その次に「B型男性×A型女性」「AB型男性×O型女性」の組み合わせが悪いと、とあるサイトで記載されておりました。

 

これは強ち間違っているわけではなく、人間の思考を統計学的な目線で見た結果ということで、自分が相手とより良い関係を築いていくためのヒントとなります。

 

自分のことや相手のことを分かっていなければ、恋愛も仕事も上手くいくわけがないので、血液型占いに全く興味がなかったとしても、このような考えもあると割り切って相性を確かめてみた方が良いというわけです。

 

全部で16通りの組み合わせの中で、同じ血液型同士のカップルは比較的上位に位置しており、お互いに自分の性格と相手の性格を照らし合わせることができるからなのではないでしょうか。

 

A型の神経質なところが理解できない人がいたとしても、自分がA型であればその部分を分かってあげられるはずですし、より良い関係を築いていきやすいのです。

 

恋愛で失敗し続けているという女性の方は、自分の考え方を少しでも広げるためにも、血液型相性占いを参考にしてみてください。