血液型相性と兄弟

 

 

 

血液型相性と兄弟について

血液型だけではなく、兄弟の構成によって自分と相性が良いかどうか判断する材料となります。

 

血液型占いだけでは本当の相性を把握できないことの方が多いので、相手の兄弟構成を考慮することによって、詳しく確かめられるというわけです。

 

実際に、血液型よりも兄弟構成の方が今まで生きてきた環境が大きく左右されるため、性格となってあらわれやすいですし、どんな方でもそれなりの特徴があります。

 

上の子が生きてきた環境と、下の子が生きてきた環境、そして一人っ子の生きてきた環境は同じ家庭の中でも微妙に異なるので、兄弟構成を考慮して血液型占いを行えば、より詳しく相性を把握できるでしょう。

 

そこで、このページでは、兄弟構成によってどのような特徴があり、どのような性格の人が多いのか説明しているので、血液型占いの参考にしてみてください。


長男・長女

長男・長女はしっかり者のイメージがあり、弟や妹が両親に甘える中で「自分が手本にならないと」と考えて育つのが大きな原因かもしれません。

 

しかし、普段はしっかりとしているものの、二人きりとなると甘える場合があり、ツンデレタイプだと説明できます。

 

また、「のんびりでおっとり」「気配りが上手」「引っ込み思案」という性格の人が多く、相手の顔色を伺いながら人と接していくのも大きな特徴です。


中間子

興味の移り変わりが非常に激しいというのが中間子の特徴で、恋愛においても長く続かない場合が多くなっております。

 

つまり、兄弟構成が中間子で、尚且つ自分と相性の悪い血液型だった場合は、付き合ったとしても数週間や数ヶ月で破綻しやすいというわけです。

 

また、「協調性に飛んでいる」「熱しやすく冷めやすい」「恋愛に積極的になりやすい」という性格も大きな特徴で、男性の場合は特に負けず嫌いが多いでしょう。


末っ子

ユーモアがあり、物事を楽しい方向へと考えるのが末っ子の特徴で、恋愛に関しても同じように考える傾向があります。

 

しかし、他人に対して競争心を抱きやすく、嫉妬や束縛へと発展する女性も少なくないため、末っ子と恋愛をしていくのはある程度の覚悟が必要かもしれません。

 

「要領が良い」「積極的に人と関わる」「好き嫌いが多い」という特徴もあります。


ひとりっ子

思い立って行動を起こすよりも前に、頭の中で冷静に物事を考えることが多いのがひとりっ子の特徴となっております。

 

恋愛に関してもガツガツと自分から積極的に責めることはなく、直ぐに諦めてしまうのが悪い点です。

 

寂しがりやでわがままという厄介な性格のひとりっ子は、大らかで器の大きい人と相性が良いと言えるでしょう。