血液型相性と上司

 

 

 

血液型相性と上司について

血液型によって他人との相性が決まるということで、これは恋人関係にある男女だけではなく、上司や同僚といった仕事仲間にも影響を及ぼします。

 

職場の上司との相性は仕事に何かしらの影響を与えるはずですし、その血液型の相性によって仕事が効率良く進んだり、効率が悪くなったりと、大きく左右するのです。

 

「血液型の相性なんて関係ない」と男性の方は考えるかもしれませんが、上司といっても人間であることには変わりないですし、個人によって様々な性格の人がいらっしゃいます。

 

そのため、自分と相性が良いのか、またはどのように付き合っていくのが良いのか考えることで、会社の業績に大きく関わってくるかもしれません。

 

もちろん、自分との相性を確かめるには、相手の性格を把握するだけではなく、自分の性格もしっかりと心得ておかなければなりませんし、その上で対策を練ることでより良い方向へと変わっていくことがあるのです。

 

仕事の上司や同僚は自分で選択できないものの、ある程度長い期間に渡って関わっていく人間ということには変わりないですし、血液型の相性が良ければ多少は仕事内容がハードだったとしても、楽しくやっていけるのではないでしょうか。

 

そこで、下記では、血液型別で上司の特徴を幾つか記載したので、自分の直近の上司がどのような人間なのか確かめるためにも、一度参照してみてください。

 

 

A型の上司・・・・「仕事において完全主義をモットーとしている」「細かすぎて部下から受け入れられないことがある」「自分の感性を出しやすい」「トラブルを避けるために慎重に仕事をこなしていく」

 

B型の上司・・・・「次から次へと変更を繰り返す」「優柔不断な性格なので部下が戸惑うケースが少なからずある」「誰にも負けたくないという思いはあるもののコンプレックスも同時に強い」

 

O型の上司・・・・「部下の創意工夫を持てない人が多い」「自分の信念を曲げないので部下がイライラするケースもある」「スキルを積み重ねた晩年型が目立つ」

 

AB型の上司・・・・「仕事に関しても見切りをつけるのが早い」「自分の戦局のために人員配置を簡単に変えるわがままな部分あり」「AB型の上司を持つ部下は苦労するケースが多い」

 

 

以上のように、上司の血液型を知り、自分との相性を確かめることで、これからどのように付き合っていけば良いのかという参考になるはずです。

 

「わがままで自分勝手な上司に不満を抱いている」という方でも、それが仕事や会社全体のためを思っての行動であれば多少は納得がいきます。

 

上司を自分の好きで変えられない以上、より良い人間関係を築く努力はしていかなければならないため、ビジネスマンの方は上手に対応するようにしてください。