医学的な血液型相性

 

 

 

医学的な血液型相性について

医学的に見て、血液型による性格の傾向や相性には関係性がないのかどうか、女性であれば多くの方が気になるはずです。

 

「占いの結果が良いと信じてきたのに・・・」「血液型占いでの相性が悪いから諦めてしまった」という方であれば、医学的に根拠のある話なのか気になると思います。

 

一概には説明できませんが、「ABO血液型が発見されてから性格との相関関係は見られない」「血液型占いで当たっていることは心理学で説明できる」ということで、医学的にも科学的にも確かな根拠はないのです。

 

確かに、日本で血液型占いが流行ったのは、とある本がベストセラーになったからなのですが、その時の統計データはいい加減でした。

 

「○型の男性と○型の女性は相性が良い」と考えられていても、遺伝子情報的に相性が良いわけではなく、今までの統計を参考にして本などに記載されているだけなので、医学的な根拠はないということはお分かり頂けるはずです。

 

つまり、血液型による相性チェックだけを鵜呑みにしていると、もしかしたら失敗してしまうかもしれませんし、逆に実るはずだった恋を逃すことにも繋がります。

 

そのため、血液型占いや星座占いを行うにしても、結果を受け止めるだけに留めておき、恋が実るかどうかは自分のこれから次第だということを頭に入れておかなければならないのです。

 

この点を把握しているのであれば、医学的根拠や科学的根拠がなかったとしても、血液型占いを試してみるのは選択肢の一つですし、考え方によっては自分の成長に繋がるかもしれません。

 

例えば、自分の血液型と相手の血液型を照らし合わせ、相性が悪くお互いの性格が足を引っ張る結果になり兼ねないと診断されたとします。

 

もし、自分の性格がまさにその通りで、嫌われる要因になっているのであれば、その性格を直すように努力をすれば良いだけですし、自分の悪い点を改善すれば相手に好かれる確率は当然のように上がるはずです。

 

そして、相手の悪いところを許せないとただ嘆くだけではなく、「人にはこのような部分もあるんだ」と客観的に見れるようになれば、上手に付き合っていくことができるでしょう。

 

以上のように、血液型占いの結果に一喜一憂して舞い上がるのではなく、これからの二人の未来を変えていけるような試みを行えば、根拠がなくても試す価値は大いにあるというわけです。

 

占いに関する全てが間違っているとは言い切れませんし、思考パターンが血液型と深く関係していると説いている専門家の方もいらっしゃるので、あくまで参考にという意味で血液型占いを試してみてください。