血液型相性と一人っ子

 

 

 

血液型相性と一人っ子について

血液型だけではなく、兄弟構成も同時に把握することによって相性を把握することは可能で、一人っ子なのか兄弟がたくさんいるかによって異なります。

 

血液型は消化酵素や脳伝達システムに少なからず影響を及ぼしているため、体質や気質に変化が生じるのは紛れもない事実です。

 

そして、一人っ子なのか兄弟が多いのかによって、育つ環境は大きく変化するため、どのような性格なのかある程度把握できます。

 

血液型という先天的な要因に加えて、兄弟姉妹の有無という後天的な要因を組み合わせることで、自分がどのような人と相性が良いのか確かめられるのではないでしょうか。

 

現代では少子化の影響で一人っ子の家庭が増えており、「わがままで甘えん坊」「お人好し」「自分の中でルールを決めている」「協調性に欠ける」「人見知りで感情を表に出さないことが多い」という特徴があります。

 

親の育て方によっても左右するので、一概には説明することはできませんが、兄弟がいる家庭と比べてみると、一人っ子は損をするシチュエーションが多いようです。

 

確かに、良くも悪くも親御さんの愛情が一人の子供に行き渡るため、わがままな人間に育ちやすいのは事実ですし、過保護や過干渉すぎると余計に一人っ子の悪いイメージ通りに育ってしまいます。

 

そのため、一人っ子の子供を育てるという親御さんは、早めに子離れをして、集団生活に慣れさせるように自立させなければなりません。

 

また、下記では一人っ子の女性に焦点を当て、血液型別でどのような恋愛思考なのか詳しく説明しているので、是非参照してみてください。

 

 

 

一人っ子のA型女性

慎重で恥ずかしがり屋のA型女性の一人っ子は、恋愛に関しても臆病になりがちで、自分から積極的に動けないことが多くなっております。

 

しかも、誰に対しても優しい態度で接するため、男性にアプローチしているつもりでも、相手が気付いてくれないことも多いはずです。

 

理想が高く恋愛対象を狭めている可能性もあるので、積極的にアプローチする姿勢が大事となります。

 

 

一人っ子のB型女性

マイペースでありながら寂しがりやのB型女性の一人っ子は、恋愛に関しても下手糞で、苦労が多くなる可能性があります。

 

自分の理想を積み重ねていくことは大事ですが、気持ちだけが先行して相手のことを考えられなくなることもあるので注意が必要です。

 

とは言え、一人の男性に重い焦がれる情熱的な一面も持ち合わせているので、好かれた男性にとっては嬉しいこと間違いありません。

 

 

一人っ子のO型女性

人を大切にできるO型女性の一人っ子は、独占欲が強いという特徴があります。自分にとって特別な男性を守りたいという意識が強く、包容力も兼ね備えているのです。

 

ただし、兄弟のいない環境で育ったあなたは、好きになった男性に世話を焼くことが多く、B型の血液型の男性からは疎まれるかもしれないので注意した方が良いでしょう。

 

 

一人っ子のAB型女性

一人っ子のAB型女性は、時間をかけてゆっくりと恋愛をしていくという特徴があるため、チャンスを逃してしまうことが多くなっております。

 

しかも、好きになった相手に真逆の行動をしてしまうことがあるので、勘違いされるケースもあるはずです。

 

どの血液型の男性に対しても、自分の気持ちを率直にぶつけられるようにすれば、成功する確率を少しでも高められるかもしれません。