血液型相性と外国

 

 

 

血液型相性と外国について

「血液型占いによる相性チェックは外国でも行われるのだろうか?」という疑問を持っている方はいらっしゃいます。

 

確かに、好き嫌いはあるかもしれませんが、血液型相性を確かめるために日本人の女性の多くは占いが好きなはずです。

 

占いの結果によって一喜一憂することは十分にあり得ますし、ロマンチックな女性ほどハマってしまうのではないでしょうか。

 

日本にとっては血液型はかなり身近な存在と言えますが、外国ではあまり流行っておらず、血液型占いで相性をチェックするような方法が行われていない国もあります。

 

国によって異なるので一概には説明することができませんが、日本のように血液型相性占いが流行っている国は非常に少ないのは紛れもない事実です。

 

その大きな理由は、海外では血液型分布のバランスが良くないからで、純血のブラジル人やペルー人は100%がO型となっております。

 

インド人は圧倒的にB型が多く、アメリカ人はAB型とB型を合わせても10%ほどしかおらず、外国によって大きな偏りがあるのです。

 

一方で、日本ではA型が40%、O型が30%、B型が20%、AB型が10%と世界的に見てバランスが良いからこそ血液型相性が流行っているのかもしれません。

 

それに、外国人に血液型を聞くことで「病院ではないのになぜ?」とビックリされるケースは意外と多く、文化の違いだと説明できます。

 

この事実を知らずに外国人の方に血液型を聞き、相手に不快な思いをさせてしまうことは十分にあるので、どの国でも血液型相性占いが行われているわけではないと心得ておくべきです。

 

実際に、イギリスでは日本人が血液型で相手を判断したり、朝から血液型占いのニュースを行っていることに対し、「あり得ない」「差別だ」と報道したこともありました。

 

確かに、1億を超える日本人を4つのパターンに分けて判断するのはナンセンスですし、外国人の方は性格が血液型に左右されないと考えているからこそ、血液型相性占いに対して良いイメージを持っていないのです。

 

どちらが正解なのか不正解なのか決め付けることは絶対にできませんが、日本人と外国人とでは考え方が異なるという点を把握しておいた方が良いでしょう。

 

「世界中で血液型占いが行われている」と考えていると、外国人と話した時に恥をかくことがあります。

 

占いを信じていない人も血液型相性占い真っ向から否定するのではなく、「このような考え方や見方もある」という程度に留めておくのが良いかもしれません。