血液型相性は当たるの?

 

 

 

血液型による相性は当たるの?

科学的根拠はないものの、何かと恋愛において気にしてしまうのが血液型占いで、「この結果による相性は当たるの?」という疑問を抱える女性の方はいらっしゃるはずです。

 

確かに、血液型占いは当たらなければ意味がありませんし、今後の2人の関係を築いていく上で何の参考にもなりません。

 

それでも、長年の統計によって血液型の組み合わせで相性の良し悪しを決めており、当たるにしても当たらないにしても、参考になるのは間違いないと説明できます。

 

鵜呑みにし過ぎるのは危険かもしれませんが、血液型による相性をチェックし、「○○○○のような傾向もあるのか」と頭の片隅に入れておくことで、より良い関係が築けることも十分にあり得るのです。

 

血液型の相性が良ければ、「当たることを信じてこれからも良い関係を築いていこう」とポジティブに考えられますし、相性が悪かったとしても当たらなければ「私たちは違うんだ」と考えられます。

 

このように、どちらにしても積極的な姿勢で物事を考えられるのであれば、血液型占いは良い方向へと導いてくれるかもしれないので、気になる相手と試してみるのは良いのではないでしょうか。

 

また、長年の統計によって自分の血液型だけではなく、両親の血液型の組み合わせによって性格が異なるとも言われており、4種類の血液型だけで判断するよりも信憑性は高くなります。

 

例えば、自分がA型で両親ともにA型の場合は、「おっとりでマイペースの平和主義者」、両親がAB型の場合は、「常識人で広い交友関係を大切にしている」というように、性格にも違いが生じているのです。

 

自分のことを詳しく知れば、友人や恋人との相性を確かめる術となりますし、相性が悪い組み合わせであれば自分を変えようと努力をすることで、良い結果が待っているかもしれません。

 

血液型占いに星座占いも掛け合わせるという方法も現在では採用されており、「A型の牡羊座は曲がったことが嫌いな実直な性格」「B型のしし座は明るい性格で素敵なオーラを出している」「O型のサソリ座は自分自身で何事も成し遂げるタイプ」という特徴があります。

 

これらの意見が当たるにしても当たらないにしても、「思い当たる節はあるかもしれない」と感じるかもしれないので、他人との相性チェックをしてみるのは選択肢の一つというわけです。

 

占いを全く信じないという人を否定するつもりはありませんが、自分を別の見方で捉える指標になることもあるので、今現在の恋人や仲の良い友人との相性を血液型占いで確かめてみてください。