血液型相性のあるある

 

 

 

血液型相性のあるあるについて

血液型による相性チェックは、女性であれば一度はやったことがあるでしょうし、同姓や異性との相性が気にならないという人はほとんどいないはずです。

 

私たち人間は、絶対に一人では生きていくことができませんし、他の人と交わりながら生活を送り、成長していきます。

 

つまり、他人が自分に与える影響は物凄く大きいですし、それによって自分の成長具合も変わるというケースがあるため、血液型相性のあるあるについて知りたい方も多いはずです。

 

絶対に信じなければならないわけではありませんが、これからどのように付き合っていけば良いのかの指標にはなりますし、自分の性格を知る術の一つだとも言えるかもしれません。

 

そこで、このページでは、血液型相性占いのあるあるを幾つかご紹介しているので、一応参考にしてみてください。

 

 

「A型だからといって几帳面というわけではない」

 

「血液型占いには科学的な根拠がない」

 

「AB型の女性は変人扱いをされる」

 

「自分の周りにはB型の人間が集まる」

 

「血液型を相手に聞いた時にB型だった時のみんなの同じ反応」

 

「○○型の人は○○○だよね〜という話題が面倒」

 

「O型で更に末っ子の人はかなりの甘えん坊」

 

「AB型の人は本当に少なからず二面性がある」

 

「血液型に対する偏見が凄いのは日本だけ」

 

「A型の人間はスケジュール通りに事が運ばないと怒ることが多い」

 

「外人に血液型を聞くとビックリされる」

 

「血液型信者は決め付けが少々激しすぎる」

 

 

以上のようなあるあるは、どこかしらで聞いたことがあるかもしれませんし、2chの書き込みで記載されていることも多くなっております。

 

血液型による相性チェックは日本人特有のものというのは紛れもない事実で、外人に血液型を聞くと本当にビックリされるのです。

 

どの国に住んでいるのかによって異なりますが、基本的に海外では血液型は病院でしか聞かれないらしく、占いの文化が全くないのかもしれません。

 

つまり、血液型によって他人との相性を確かめ、一喜一憂するのは日本人の大きな特徴で、この風潮はこれから先も恐らく変わらないはずです。

 

この風潮が間違っているというわけではありませんが、血液型による相性が全てではなく、全ては自分次第だということを頭に入れた上で、血液型占いや星座占いを楽しむようにしましょう。